IMG_2426

今日は、JR摂津本山駅・阪神青木駅より共に徒歩20分弱ぐらい、地元では有名な十二間道路東側沿いにある中華料理店「十二間桜 じゅうにけんろう」さんにて、五目入りやきめし800円を頂いた記録。(東灘区魚崎北町5-2-11)


IMG_2409


十二間桜から徒歩5分圏内で生まれ育ったので、このお店ができた時の驚きや、たまに両親に連れられてきた思い出が色濃くありつつも、あれから20年以上。


IMG_2415


覚えていることがあるのかどうか...再確認を兼ねて訪問したら、テーブルの色や配置が記憶のまま。そして、壁にあるいくつかの魚拓!これは覚えがありました(笑)


IMG_2412


当時は、小学生。親の財布の都合でのオーダーだから仕方ないことだが、肝心のメニューや味には覚えが全くない。ラーメンが苦手だったので炒飯(やきめし)を食べていたのだろうと想像し、什錦炒飯(五目入やきめし)800円をオーダー。


IMG_2420


オーダーから5分少々で什錦炒飯(五目入やきめし)到着。見覚えなし。ここから先は「初訪問」に気持ちを切り替え、それにしても、美味しそう過ぎるヴィジュアルである(笑)


IMG_2423

炒飯の上には卵焼きとケチャップのっけ。小エビ×2が見た目のテンションを更にあげています。

IMG_2427


炒飯の具は、チャーシュー、卵、玉ねぎ、にんじん、グリーンピース、コーン。味付けが全体に抑えめのため具の味がわかりやすいのだが、ミックスベジタル風の野菜にありがちな臭さはなく、にんじん嫌いでも気にならなかったのは有り難い。全体にパラパラではないがベトベトでもない。適度に飯や具に油の味が入りつつ、香ばしい炒め具合。ここに、酸味の効いたケチャップが味変的に美味い。

うってかわってスープの方は、かなり濃い。ある程度、炒飯を楽しんでからスープを飲んだのでよかったが、最初にスープを味わってしまうと炒飯の味がよくわからなかったかも...と思われたぐらい、個人的には塩っ気が強く感じた。


IMG_2411

土曜日の昼下がりに訪問したが、常に来店者が途切れず、そのほとんどが男性ひとり客であった。女性のおひとりさまでも問題ない雰囲気のお店だが、全席喫煙可・ベビーカーの持ち込み入店お断りを表明されており、今の時代に合わせて言うならば、成人向けのお店かと思う。

色々と気になるメニューがあったので、大人として(笑)再訪したい。
今日も、ご馳走さまでした。


にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ



ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです!