IMG_2650

今日は、JR六甲道駅より徒歩1分少々にあるラーメン店「ダイナsoul 六甲道店」さんに初訪問、Super特濃1050円を頂いた記録。(神戸市灘区深田町4-1-39 メイン六甲Aビル1F)


IMG_2652

六甲道(からの新在家)と言えば、ラーメン店の激戦区。行きたいお店は既にいくつかピックアップしており、ヒキュウさん、いっぽしさんには、昨年に訪問が実現。同じく鶏白湯系で気になっていたのが、こちらの「ダイナsoul 六甲道店」さんである。中でも、Super特濃が興味津々。いつもあるメニューではないそうだが、初訪問時に出会えてラッキーであった。


IMG_2658


IMG_2660

入り口すぐの券売機で食券購入のスタイル。店外にも、券売機の上にもメニューが表示されているが、初訪問なら、入り口〜客席まで、全体にかなり狭めということもあり、あらかじめ調べて検討してからの入店がベターかと思われる。迷わず、Super特濃1050円の食券を購入し、着席。

IMG_2662

IMG_2664

お一人様系が利用するカウンター席は厨房と対面形式。「鰻の寝床」という表現は失礼だが...細長く前後のゆとりなしは事実。(入り口奥の方にはテーブル席もあるようなのだが、詳細は確認できず)が、コンパクトなお店ならではの工夫や心遣いが随所に感じられ、居心地よし。

IMG_2667

着席(食券をお渡し)から10分弱で、丁寧に調理されたSuper特濃が到着!
見た目だけで感じるドロドロスープに、麺がチラ見え。トッピングは胡麻、ネギ、スライス玉ねぎ、豚と鶏の2種類のチャーシュー、糸唐辛子。色の取り合わせも美味しさの内ですね。

IMG_2669

早速、スープから。かなり熱そうなので、冷ましながら頂きます。
え?何?あぁ、なるほど!というのが一口目の感想。

食感はスープとかソースとかポタージュも通り越したドロリ系という点では濃厚。
鶏白湯もしっかりした強さあり。ほんのり鰹の香りがあったり、醤油系の調味料はかなり抑えめの傾向で...(失礼でなければ)鶏オタクさんが作ったな!と。食べ進めるごとにじわじわ来るスープ。

IMG_2671

麺は中太ぐらいのちぢれ麺。濃厚スープによく絡んでいるので、ズルズルガツガツとはいかないが、スープに負けないしっかりした味わい。

トッピングの薬味系はあまり印象を感じなかったが、豚のチャーシューはちょっと薫製香のあるもの、鶏のチャーシューはさっぱり、どちらもトロリと食感よく、合間に楽しめた。

IMG_2665

IMG_2673

途中で飽きるかな?の予想は見事に裏切られて完食。
どうしても気になっていた卓上の調味料(唐辛子×ニンニクかな)をちょいとお試しさせて頂いたが、辛いもの好きには、これがまた素晴らしかったを追記しておきたい。

個人的にはとても好みでした。
が、人を選ぶ逸品だろうなぁとは思う。そこもまた魅力なのですが(笑)


唐揚げやライスとラーメンという組み合わせのお客様が多かったので
次回訪問時は、その路線も体験したいなと思う。

今日も、ご馳走さまでした!

にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ






ダイナsoul 六甲道店ラーメン / 六甲道駅新在家駅六甲駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6